出張

脚エステ

出張している時も、風俗のエステで体の疲れをほぐすことができます。
出張中は、ホテルに宿泊することになるはずですが、ホテルにいる時間と言えばベッドで横になっていることがわりと多いです。
そのままベッドで眠るのもいいですが、眠る前に風俗のエステを呼び、体の疲れをほぐしてもらうといいでしょう。

風俗のエステでは、自宅やホテルに出張してもらうことができるので、出張先のホテルにも女性を呼ぶことができます。
出張先のホテルに女性を呼んで、施術が終れば女性が一人で帰ってくれるので、後はそのままベッドで眠ることができます。
出張先で歩きまわっていると、意外と足が疲れています。また、重い荷物を持てば肩こりも起こりますので、マッサージをしてもらって出張の疲れを癒してもらうといいのです。

同時

フェイスマッサージ

風俗のエステは、原則として男性が受け身でサービスを受けます。
男性からのお触りは禁止ですが、女性から積極的に体に触れてくれるので、受け身でいる方が好きな男性には向いています。
また、施術中は女性が体を密着してくれたり、回春マッサージで男性機能の増強をはかってくれるので、ボディタッチは十分に行われます。

ちなみに、風俗のエステでは、トップレスやオールヌードなどのオプションをつけることもできます。
トップレスやオールヌードは、普通のエステでは行われていないので、こういったところが普通のエステと風俗エステとの違いとなっています。
また、エステティシャンを2名指名することもできますので、このコースであれば上半身と下半身を同時にマッサージしてもらうことができます。
基本プレイとしては、最初に普通のマッサージを行い、だんだんと回春マッサージを行っていくというのが一般的です。
ただし、回春マッサージだけでいいという人も中にはいますので、お店によっては回春マッサージのみのコースにも対応しています。
このように、コースの選び方や、オプションの追加などによって、自分好みのサービスに仕上げられる風俗となっています。

オイル

エステ

風俗のエステは、自宅やホテルまで出張してくれます。
施術中は、アロマオイルやパウダーを使いますが、自宅の場合はきちんと養生をするので、自宅のベッドが汚れることはありません。
ただ、それでも自宅の掃除がイヤだという人は、ホテルを利用する方がいいでしょう。
ホテルを利用する時は、別でホテル代がかかりますが、そのかわりに汚しても気にならないですし、後片付けもいらないので掃除が苦手な人にも向いています。

また、風俗のエステではマッサージをする時に、好きなアロマオイルを選ばせてくれるお店があります。
数種類のマッサージオイルの中から、好きなニオイのものを選ばせてくれますが、どれにするか迷った時は女性のオススメで決めてもらうこともできます。
そして、お店によっては無香料のオイルにこだわっているところもあり、このオイルであればそのまま自宅に帰ってもニオイで怪しまれることはありません。
マッサージの時にオイルを使用すると、手の滑りがよくなるので、エステティシャンの手の感触を思う存分楽しむことができるのです。